Translate

What's realnecorecords ?

What's realnecorecords ?

”岩手県盛岡市を拠点にのびのびとした生活のための音楽とその残りカスを発信するレーベル”
"We are the music label based in Morioka city, Iwate JPN
that is creating music and some droppings for our free and easy life"

2015/06/24

【ディスクレビュー】 Los Hermanos / Bloco Do Eu Sozinho

どうも! 一身上のツィゴイネルワイゼンです!
それ何個?シッコ!ウンコ!

小学生はこれで爆笑だろうなー!!

そんなことより、これよ。

Los Hermanos のセカンドアルバム「Bloco Do Eu Sozinho」のレビューです。


いかにも売れなさそうなアルバムジャケットです。

簡単に言うと、売れなかったアルバムのようですし。

前回の1stアルバムのレヴューでも書きましたが、1stメチャクチャ売れました。

それを踏まえてのセカンドなんですが、僕が思うこのアルバムのポイントは、

①1stのプレッシャーからの逃避から見出した、これまでと違う音楽性
②メンバーの脱退にともなう、演奏パートの流動性
③レコーディング参加メンバーとプロデューサーの変態性
④楽曲の共作/フロントマン2人それぞれの楽曲のせめぎ合い


まず、①ですが
そのプレッシャーが凄かったんでしょうね。
レーベルの要求が色々厳しくなって、そこから逃げるようにリオの山間で肩肘張らずに
のんびり?とレコーディングし始めた作品。

って、これ、外国のウィキペディアを要約した感じですが、、、だいたい合ってるはずです。

前作がいわゆる「スカコア」だったのですが、
今作から一気に音楽性が変わります。

チラリと覗かせるインテリ感はそのままに、カルト臭まで漂う玄人じみたオルタナ・ロックへと
変貌します。


Los Hermanos / Cade Teu Suin-?


この変な展開の曲、何といえばいいか分からない音楽性は、プレッシャーで頭おかしくなったか
スレスレです。


その②
こういう音楽性にしびれを切らしっちゃったのか、オリジナルメンバーのベーシスト、パトリック・ラップランは脱退しちゃいます。(彼はやっぱりスカコアが好きだったのかな。)
先に紹介した曲では、ギターを弾いていたホドリゴ・アマランチがベースを弾いています。


さらにレコーディングには、若手敏腕プロデューサーであり、ベーシストのカシンが
かなり参加することになります。超重要人物。日本で言う亀田誠治ですね。


その③
そしてプロデューサーは、シコ・ネヴィスさん。
誰なんだろ?この人って思って調べたら、なんとレニーニの有名なアルバム「未知との遭遇」のプロデュースしてました。

Lenine / A Balada Do Cachorro Louco (Fere Rente)


なんか、変態なロックというか、こういうのをブラジルのロックだと思ってるんですが
なんかやっぱり変ですよね。
その変なのをプロデュースするのが得意なプロデューサーみたいです。

シコ・ネヴィス、カシンの2人が参加したことにより、ガラリと変わった音楽性にとてつもなく妙な説得力を得ております。
誰も文句が言えない。だって変なんだもん。大きな空振りをするつもりで出したんじゃないかな?

その④
そして、音楽性がガラリと変わったところにも影響しているであろう作詞作曲のバランスだが
前作は
14曲中12曲がマルセロ・カメーロ作。2曲がホドリゴ・アマランチ作。
だったのに対し、
今作は
14曲中9曲がマルセロ・カメーロ。2曲が2曲がホドリゴ・アマランチ。3曲が共作。

ホドリゴ・アマランチの関与がググッと強くなってきてます。

それにより、スカコアからの脱却とともに音楽性が変わったというか、むしろ「驚くほど広がった」と言った方が良いような。

良くも悪くも「ファーストを裏切ったアルバム」というわけ。
で、リスナーは正直。もちろん、ファーストより全然売れなかったと。

しかし、スマッシュヒットというか、大名曲が隠れてるわけ。こういうアルバムってだから良いよね!

Los Hermanos / Sentimental

これはホドリゴ・アマランチ作。ダラッとした出だし。スカコア時代から上手かったホーンアレンジ。
タイトル通りの美しいコード進行。ホドリゴのダラッダラな歌い方が超カッコいい!
オルタナ・ロック!


Los Hemanos / Casa Pre-Fabricada

こちらはマルセロ・カメーロ作。いきなりのフィードバックから3拍子。最高のコード進行。
キーボードの出てくる所とか、最高!
この曲はいろんな人にカバーされて後からまた有名になりました。
エリス・レジーナの娘さんとかのバージョンも、良いですね。


ここまでダラダラ書いた上でまとめると、

2作目にしてガラリと環境も音楽性も変わったところで、肩肘張らずにやりたいことやったな!!!っていう感じ。

なんか、ビースティーボーイズのポールズ・ブティックな立ち位置に似てる気がします。

こっからさらに、レコーディングに参加したカシンとの関係を深め、メンバーそれぞれの個性が
グングン出てきます!!!


1st = 成長期に猛ダッシュし過ぎで記録残すも足痛い期
2nd = 整体に通い期

とでも言いましょうか!?


次は、3rdアルバム = 調子最高でオリンピックまだだけど世界陸上では金取った期

に入ります!!!!






2015/06/17

【ディスクレヴュー】 Los Hermanos / Los Hermanos


いきなりアルバムジャケットからドン!と持ってきましたが、そうです。

los Hermanos (ロス・エルマノス)の1stアルバムです。セルフタイトルでいきなり来るってのも
大物っぽいよね。

さて、
おさらいですが彼らはこんな感じです。
左上から時計回りに

ホドリゴ・バルバ(ドラム)、
ブルーノ・メディナ(キーボード)
マルセロ・カメーロ(ボーカル、ギター、ベース)、
ホドリゴ・アマランチ(ギター、ボーカル、ベース)

狙ってんですかね。これ。
全員、受刑者顔だね。      髭面。

彼らは大学の仲間で結成。けっこうインテリな学部だっつーから、犯罪って怖いね。

いや、犯罪はしてないんですが、あなたの心を盗んだ的なね。それはやってる。

で、実際はデビュー時、5人いたんですよ。
こちら!
彼はパトリック・ラップランさん。ベースです。
彼はファーストアルバムをリリースし、その後2作目を出す前に脱退しております。
彼のベースの構え方、表情が1つのことを物語っているような気がします。

ロス・ヘルマノスのファーストアルバムは、はっきり言って

スカコアでした。

Los Hermanos / Quem Sabe

この曲、僕は大好きですが、
アルバム全14曲のうち、12曲はざっくり言うと
こんな感じの曲調です。

ホントにスカコア。メロディーとかにブラジルらしさを感じるかどうかは人それぞれかもしれませんが
スカコア。
ドラムが疾走しちゃえば大体OK。そこまでをいかにヒネクレルか。そして次々と展開を変えられるか。

ここを若さと時代の流れだと、言っちゃいましょう。まずは。
1999年作品ですから。時代性あるでしょ。

で、14曲中12曲がこんな感じといったのは、ほかの2曲が問題でして。

そのうちの1曲が、前回のブログで無責任にも置いてきた1曲
”primavera”です。

僕の中では、昼間が舞台の「南義孝/スローなブギにしてくれ」だと思ってます。

AOR感もあるし(あるか?)、とてもゆったりした名曲!!


そしてもう1曲が、彼ら最大のヒット曲、”Anna Julia”です。



もう超ド級のストレート、9回表、大魔神佐々木の150㎏アウトコース!!!

スカコアとか、そういうジャンル分け不要の、ヘンテツも無さ過ぎのロック。
青春過ぎワロタ系。

これは「一緒に歌いたい病」に全国民がかかっているブラジルならイチコロでしょう!!
大ヒットしました!
アルバムはプラチナディスクを獲得。
いろんな奴がこの曲をカヴァーしまくって、なにやら調べたら

「生前、あのジョージ・ハリソンもカバーした!!」っていうフレーズ見つけたから
チェックしたよ!そりゃ!!!


僕はこの人知らなかったけど、
PVもひどいね。ジョージ・ハリソンどこにもいねーじゃん!ってずっと思ったわ!
なんかスタジオでちょっとソロ弾いてたね。あれか?
ほんとにジョージか、不安だ!!
しかも、、、、カバーっつーか、コピーだ。なんのアレンジも変えてない。やばいぞこれ!!

とはいえ、原曲ははっきり言って、
1発屋だろって言われるぐらいの人気っぷりだったよう。


この曲でスターダムにのし上がったんですが、1発屋と言われる要素も世間に揃い始めて
結構大変だったんじゃないかなー。

だが!!!

彼らの凄いところはここから。

その糸口が、、、、、
フロントマンが2人いるっていうところ。

マルセロ・カメーロとホドリゴ・アマランチという2人のソングライターがいて、
ともに自作の曲を自分がボーカルを取るスタイルで存在するところが
このバンドの素晴らしいところ。

ちょっとビートルズが引き合いに出されるぐらいの「才能のぶつかり合い」があるんです。

つーことで、次はセカンドアルバムを!!!

2015/06/16

【やれんのか?三日坊主ディスクレビュー宣言】 Los Hermanos について


なんとなくVERBAL

で、芥川賞候補になったよ。

どうも、一身上のツィゴイネルワイゼンaka DJ禿鷹です。

ディスクレビュー書き始めて、いきなり3日坊主ってのは
大人のやることじゃねーよ。という事で、

ホントにほんとに本当に好きなモノから、まず言ってみよう!


という事

今日は、この人たちのを書くよ!っていう、宣言だけ!!!

はい!チャン!ドン!ゴン!


Los Hermanos
(ロス・エルマノス)

ざっくり言うと、
国内盤もインターナショナル盤みたいな感じで「英語詩で世界デビュー」もすることなく
2007年にその10年にわたる活動を休止した
ブラジルのロックバンドです。

検索すると毎度のごとく
デトロイトテクノの名グループも引っかかって来るのだが(こっちも最高!)
僕は
こちらを
心底愛しているので、
彼らの事を
書きたいと思います。

本当に残念だったのは、僕が彼らを知ったのが、
解散した年だったということ。

一気に全リリース分をまとめ買いしたのが
記憶に残っております。

彼らは1997年~2007年という活動期を終え、
今はなんだかんだで2~3年おきに再結成してはライブをやったりしているようですが、
その活動期に作り上げた
4枚のアルバム
そして
2枚のライブDVD
さらには
ソロ活動を始めた
フロントマン2人の作品群

までを、しっかりと書いていきたいと思います!
(次のブログでね)



というわけで、今日は寝るけど、
これが予習という事で、1曲だけ
ファーストアルバムからの曲を
YOUTUBE貼っておきたいと思います。


Los Hermanos / Primavera



2015/06/06

【いきなりディスクレビュー!】 佐々木龍大 - Lullaby (2nd Album)

でんでんむしむし かたかたつむつむ (2枚使い)

先月向井理の結婚ロスで入院してた時、突如現れたババアに尿瓶に入れたピスで人生を占ってもらったのがきっかけで、音楽ライターになりました。

どうも、DJ禿鷹 aka 一身上のツィゴイネルワイゼンです。


ディスクレビューですが、
今日は前回に引き続き、佐々木龍大さんの作品を取り上げてみようと思う。

彼のセカンドアルバム「ララバイ」だ。

こういうセンスは、彼の真骨頂ですね。
何となくですが、
彼のポーズがイアン・デューリーの"New Boots and Panties!!"を思わせます。(表)


「メッチャメチャにしてやったぜ!」と言わんばかりのドヤ顔ポン子も良いね。(裏)



前提として、今回のアルバムは先行の7inchと同様に全編「弾き語り」である。

1st"Brew Guitar"は彼の自宅やスタジオで作られた「スタジオワーク作品」でもあったが、
今回は、バカ殿も喜ぶ「ズバッと1発録り」である。

そしてなにより、そのロケーションこそ今回のキーポイントである。
釜石鉱山のグラニットホールである。
このホールに関しては、このアルバムのプロモーションにおいていくつかすでに語られているので深くは触れない。というか、僕はまだ行ったことがないので表現できないだろう。

端的に言うと、本物のリヴァーブ効果を存分に得られる特殊な場所ということで、
そりゃーもう、楽しいでしょう。銭湯よりも広いリヴァーブ感だ。

でもこれ、楽しいって思えるのは、「そんな特殊な場所での録音をプラスに持っていける自信というかヴィジョン」を持っていたからだと思う。

全編弾き語りという選択が、ここでの録音アイデアの前からすでにあったかどうかは分からないが、この場所が弾き語り表現にプラスに働くと感じたのだろう。

事実、ギターをかき鳴らすような曲は今作品に無い。
ゆったりと爪弾かれるギターからは「程よい隙間」が感じられ、そこに見事な残響音がスーンと入り込んでいる。

「メイク落とし&化粧水」の高級品という感じだ。と言っておけば、誰かをムカつかせることが出来るっしょ。


曲で言うと、ラジオオンエア曲でもある「BYE BYE BYE」では、後半の"I'm not honest man"と歌うあたりでそのた~~~っぷりのリヴァーブ、堪能できます。
この曲は、とても素敵だ。初めて聴いた時から、なにかしらでリード曲になる気がしていた。

アルバムタイトル曲の「Lullaby」は新曲で、これはもうノラ・ジョーンズの1stに入ってても良い感じ。

字数の割合では思いっきり負けそうですが、リヴァーブの話と同じぐらい重要なポイントとして
佐々木龍大の初のインスト曲も収録されている点。

彼とユンテラ(佐々木龍大番頭、YUNBAND、momonjah)のユニット、Hatir(ハトル)ではインスト曲があったが、
彼のソロとしてのインストに僕はPOPな要素を感じました。
1番2番ブリッジ3番という流れって言うんですかね。

思い出した。(話が脱線のフラグ)
ハトルで「ロッキンホース・オブ・ベイビー」という曲があったが、あれは水道から水がシンクに滴る音とかも録音されていたねー。

今回の作品でも、そういう(いや、生活音じゃないんだけど)心地よいノイズっていうの?が入っているんだなーと。

で、面白いなーっと思ったのが、
先行7inchにも収録されていた「GOLDEN SHIP」。

間違わないでほしいが、これは7inchとは別テイクなのでご安心を。
アルバムは釜石鉱山グリニットホール録音。
7inchは、カーネルスタジオ録音です。

先のディスクレビューにも書いたように、7inchではこの曲が3分台に収まっているのに対して
アルバムでは、なんと6分40秒もある。

やはりこのリヴァーブ効果もあってか、さらにゆったりとした演奏を残響音がキレイに包み込むので
こんなにテンポが遅くてもまったく気にならないというか、心地よいのだ。

同じ曲を同じ演奏形態でやるのに、こんなにも変化する「ロケーション・マジック」と
そのマジックを感じ取ってそれ用のタネ(トリック)を作り出すセンスが、彼の魅力なのだろう。

そう思って聴いてみると、ここではない場所での彼の演奏・ライブも聴きたくなってくるでやんしょ?
(今後のライブ動員数に結びつく一言)


そして、この作品を作り上げたもう一人の立役者、エンジニアの金谷さん。

録音というか、集音というか、
ホールの各場所に立てたマイクで声、ギター、リヴァーブ音、その他その時その場で鳴っていた様々な音を拾い、ライブともスタジオともつかない特殊な場所での演奏を、よく作品に練り上げたと思う。


さあ、レコ発ライブも終えて、各地に歌いに行くであろう彼のライブは、その時その時でこのアルバムと違う、でもこのアルバムの様に素晴らしいヒトトキになるでしょう。

伸びの良い歌声が、このリヴァーブの様にスーーーーンと世界に伸び響いてくれることを願って。





次は、まったく身内じゃない方の作品を紹介します。



2015/06/04

【いきなりディスクレビュー!】 佐々木龍大 - 恋は駅馬車/GOLDEN SHIP  7inch Single

こおんばんは。
さっき雷鳴と共に神が下りてきて、いきなりお告げをもらいまして。

「お前はこれからダッダーン ボヨヨンボヨヨンだ。」と言われたので

音楽ライターになりました。

どうも、DJ禿鷹 aka 一身上のツィゴイネルワイゼン です。

今日紹介する作品は、これ!



佐々木龍大 - 恋は駅馬車/GOLDEN SHIP  7inch Single です。


つい今週、彼のセカンドアルバムとしてリリースされた作品「ララバイ」の先行発売として
150枚限定のレコードというアイテムであります。
しかも、バックアップCD付という、レコードが聴ける環境でなくとも生活の様々なシーンに対応できるデータしても聞くことが出来ると、どの世代にも嬉しい仕様となっております。

この場合、アルバムレビューってのもアリですが、先に出たのであれば先に出た方から
書いてみようと思っております。


「龍伝」「RYUDEN」として様々な形態で活動し、早15年。
今は佐々木龍大番頭やユンバンドとしても活躍する彼のソロ作品。
しかし、
これまでのキャリアとか、生い立ちみたいなところを突っ込んでいくのは無しにして、
ストレートにこの作品に対してレビューを書いてみよう。

まずは、A面。恋は駅馬車。

先に言いたいのだが、この作品はA面もB面も、弾き語りです。
文字通り、「声とギター」です。
そこにこのA面に関してだけは、「声とギター、そしてアンプ」と言っておきたい。

要するに、エレキギターを弾いているのです。ギブソンのセミアコですかアレは。

良いですね~。こういうアンプの音が入ってる感じ!
どうやって鳴らされているかが聴こえてくると、その空気感も伝わってとても気持ちが良い。

ライブで歌っている彼のすぐ横にいるような感じがします。

そしてこの歌。かなり長~いこと歌ってきている曲の様で、それこそ15年はいってるでしょう。
僕も何回も聴いたことがある曲です。

第一印象は、ブルースでした。
それこそ僕が彼を初めて見た時のライブで、「僕はブルースマンなので・・・」と言っていたのを思い出します。
「それでは、ちょっとブルースを一曲、、、。」なんて感じで歌い始めたりすることもあるので
たぶんこれはブルースだと思う。

しかもね、僕がこの曲を聴く時は、かなりの確率でもう一人脇にいることが多くて。
その人がまた、ガンボチローズの荒屋さんだっつー話なので、
「労働者」というか、「低所得者」感が増すんですよ。

だいたい決まって荒屋さんは2番の「メィ~モリィ~ズ あ~なた~のこ~えは~」って歌うんですが
そこで一気に所得が下がる感じ。
分かります?

実際の彼がそんなに所得が低いとは思わないんですが、とにかく歌うと”体感所得”が下がるんですよ。
これって凄いことですよ。歌声は暑苦しいんですが、財布の風通しの良さも感じるって。

と、まったくもって関係ないですね。
荒屋さんじゃなくて、龍大さんの歌声はですね、
とっても伸びやかで、気もち良いですね。ほろ酔いって感じの。

しかし、かなりゆったりした歌い方ですね。やっぱりドラムやベース等が無いと引っ張られることがないからどこまでもグニャリとなれる。

ブルースって聴くと、オールダー・イズ・ベターな受け止め方もあるかも知れませんが、
今の時代、音を劣化させる方が難しいようにも思えるので、
古い時代の音を再現したようなものはかえってリアルから遠ざかっていく気もして、
そういう意味では、ちょうど良い感じに録音されたのではないでしょうか。

とにかくハイライトな「恋はえ~きば~しゃ~♪」と歌うところでのハモリがライブでは好きなポイントなので、みんな覚えておくと良いと思います。(この音源ではハモってないですが)


次に、B面。GOLDEN SHIP。

この曲を僕が初めて聞いたのは、2011年の4月だったか?
岩手県公会堂でのイベントだったと思います。
3.11の震災が起きてから1か月ぐらいでのライブイベントでした。

その時の印象は、、、よく分かんない曲だなって思った。

ただ、後半でグワーーッて盛り上がるというか、突き放されるというか、龍大さんの元同僚が言ってた「カタルシスが!カタルシスがっ!」という感じの状態には圧倒されました。

今回このテイクは、アコースティックギターと声のみ。
後半のカタルシスは、ここではスーッと控えめで、あくまでアコースティックな爪弾きを活かした
演奏がとても聴きやすい。

とても暖かく、正常な心拍に戻してもらえそうなギターの音色と、穏やかな海面を想起させる歌声が
ある意味、淡々と、淡々と、とにかく淡々としていくんです。

この辺の感覚は、ミニマルテクノにも通じる(こういう言い方はウケ狙ってますが)と言いますか、
常温でじっくり冷ましたファンクというか、とにかく淡々と流れていくんです。

そこに1度、ズドンとくる「想いでよさようなら」以降の転調!
ここが凄まじい!
こんなに穏やかな、美しいコード進行で殺されるコッチの身にもなってみなさいよ。

AAAAAABAA って来ると、どうしてもBが気になるでしょ?そこなんですよ。






とまあ、こうやって聴くと、A面は酒をひっかけてリラックスした感じで、B面はピリッとした緊張感もありながら、これまで勉強してきたことをテストでしっかりと発揮できたような感じに思えます。
(何様だよ)


ただ一つ言うなれば、決して悪いことではないのですが、
7インチの片面、約4分に収めるのって、結構難しいんだなって言う事です。

「ダラダラしない!」ってのはとても重要な事で、ほんとそこに関しては気を付けないと失うものがデカいんですが、ライブで聴きなれた曲だからこその悩みなんでしょうかね。

たっぷり1曲やるには4分は短いんだなーと、ハッとさせられた部分もある。

いや、これは、「だからライブも聴きに来てつかーさい!(by ミーイズのコーピン)」
という事なんだろう。

とにかく、この作品は150枚しかないのであるが、この150枚が確実に150人以上に
届くことを願っています。


次回は、彼のアルバムのレビューを。






2015/06/02

BIG RE MAN 10inch single レコーディング・ファースト・ダウン!!!

2015.06.01 @ MAD DISCO
BIG RE MAN 10inch single レコーディング
プロデュースは、我らがリアルネコレコーズのosoluckオソ様


ここで待ってると、

さっそくボケたゴリラ登場


エビちゃんがいきなり宇宙


クリアスカシ


 そしてレコーディングは、ネーカーのニーター!(右)


ポンちゃんも来て、いきなりレコーディング開始!


結構見物客もいるっつー。


約2時間のライブ・レコーディング・サーキット・トレーニングで忍術も会得!!


殴られる前にスウェーバックも会得!!


そんなレコーディングは、1発録り!奇跡のワンテイクのための8チャンREC!!


バトル・オブ・ロサンゼルス(にジャンケンで勝った)


最後はビンタでフィニ!!!!


まずは、お疲れ様でした!!!
こっからもっと研ぎ澄ましていきます!!!押忍!!
こうご期待!!!